子供専用の個室

.誰もがもっている子供部屋.

まず、いったいどのくらいの比率の子供が専用の個室を持ち、それは何歳ぐらいの頃からなのでしょうか。また、それはなぜ必要だと考えられているのでしょうか。・急速に普及した子供部子供部屋という子供専用の個室を住居の中に取り入れるということは我が国では大正時代以降といわれています。この頃、大正デモクラシーの影響を受けて、それ以前の接客重視型の住まいに対して家族空間を重視した形として提案された中廊下型住居の中に子供部屋が登場したといわれています。その後、一九五○年の段階で既に京都・奈良・金沢の小学校五・六年では子供専用の部屋がある家庭は三八・○%、他の用途にも使うのが一七・八%、場所だけが決まっているのが三○%、というように、次第に住まいの中での子供の空間が確立されるようになりました。比較的最近の調査結果によれば、こうした傾向はさらに強まり、調査によって多少の違いはありますが、我が国の場合、高校生以降では七.八割が専用の個室を与えられています。兄弟姉妹との共用を含めると、すでに六.七歳の段階で七割の子供が大人の部屋とは別の空間を与えられています。ただ、合衆国の状況と違って、異性の兄弟姉妹との共用が比較的高いのも特徴です。業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。

犬の件:セントマーキング(匂いづけ)と呼ばれますが、それはまさに、その場所について匂いによって所有を誇示し、自己主張するものです。

FH005_L

Comments are closed.